古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

畿内見物 大阪の巻

本好きの一家に育ちましたが、残念なことに戦災にあっていますので、
今残っているのは戦後の本ですが、古書で購入したのか、数冊戦前の本があります。
以前の家は地下に書庫があって、薄暗く湿度の高い場所でしたので、
本も傷みますし、そこに入って本を探そうという気になりませんでしたので、
家に昔からあった本を見るようになったのは最近のことです。

こんな本があったのかとびっくりしたのは金尾文淵堂
という大阪にあった出版社が出した『畿内見物 大阪の巻』という本でした。

e0268888_11591990.jpg


e0268888_120880.jpg




箱は失われており、

表紙は高いお堂のようなところから海の方向を見た図。
古風な図なのですが、海岸縁には工場の煙突から出る煙が描かれているという
ちょっと不思議な雰囲気です。

見返しは前のみで後ろは奥付の裏に貼り込まれていて
とりだせませんが、前が浪速踊りで後ろが住吉踊りのようです。
そんなに古くはみえないのですが、
奧付けをみると明治45年(1912)の発行とあります。

表紙の風景は高台にある社寺から見ているところから
上町台地ということはわかりましたが、
最初高津神社の絵馬堂かと思ったのですが、
ならば絵馬を書くはず。
戦前、大阪からはるか海をみわたせたお堂。
目次を見て、四天王寺の五重塔だとわかりました。
この塔、室戸台風で倒壊し、再建再び戦災で焼失と悲しい歴史があります。
今は再建されていますが、当時はこんなに遠くまで見渡せたのです。

今は確か毎月22日の聖徳太子の命日にのみ公開されていたように思います。
一度登ってみたいと思います。

ご興味がありましたら、下の近代デジタルライブラリーでモノクロですが読むことができます。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765549/1

金尾文淵堂は明治から戦後まであった大阪の出版社で、
seitaroさんが以前に話題にだされた、
薄田無菫の『白羊宮』や与謝野晶子の『志ら玉姫』を出版しました。
 http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p10758386c.html

金尾文淵堂については『金尾文淵堂をめぐる人々』石塚純一という著作が紹介されていますが、この書籍については署名で検索すると、抄訳でしょうか、pdf化されて、ネット上で読むことができます。少し読んで見ると、先行研究として西宮ブログでもimamuraさんの記事によくでてくる足立巻一さんの「文淵堂・金尾種次郎覚書ー大阪時代」、高橋輝次さんの「金尾文淵堂 その人と仕事」などがあるようなこともわかりました。 ほかにもいままで興味がつのります。
 またいままで目にしたことのある杉浦非水による『非水図案集』、甲山の図でとりあげた赤松麟作の『阪神名勝図会』などがこちらから刊行されいたことも思い出しました。

さて、挿絵は中沢弘光(1874-1964) 東京美術学校を卒業後白馬会の創立に加わった洋画家で、官展を中心に活躍したとありますが、同じ方でしょうか。


e0268888_1204027.jpg

[PR]
by shukugawans | 2013-03-17 12:01 | 古書のこと

神戸 文学のおもかげ

宮崎修二朗先生の電子書籍『神戸 文学のおもかげ〜100年の時の流れに映る〜』ver.1.0が完成したということでしたので、一部わけていただきました。

『歴史と神戸』に連載された原稿を大幅に加筆訂正されたものだそうで、明治元年から昭和20年の終戦までのことがまとめられています。付録もふくめて、166頁がデジタル化されています。
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/cat11880191/

神戸新聞の出版部長でもあった著者は神戸を中心に関西の文学について、まとめた書籍が『ひょうご文学歳時記』なども含めて多数あります。

限定100部作られたものだそうです。ipadに入れて読みます。
e0268888_22105719.jpg

[PR]
by shukugawans | 2013-03-02 22:12 | 本のこと