古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


兵庫県地下文学大系

先日購入した 別冊『関学文芸 選集』
1999年4月18日付で書かれている巻末の解題によって
別冊『関学文芸』について少しわかりました。

関学文芸部が大谷晃一氏らによって終戦直後に結成され機関誌『羅典区』が創刊、
昭和23年には現在も刊行されている『関学文芸』(本来旧字です)が創刊。
活動は1950年代から60年代にかけてピークを迎えたとあります。

別冊の刊行は学院創立100周年記念に特別号を発行しようというOB会の決議から始まります。
1990年創刊で、中心メンバーは,文芸部の活動が一種のピークにあった1950年代に文芸部に所属した人々とのことです。

発刊にあたってはメンバー中唯一の雑誌編集のプロであった東秀三氏がひきうけられたとあります。

ここにも書かれていましたが、
文芸部の活動にも学園紛争による世代間断絶があるようです。


さて、この本の最後に発行元である風来舎が発行した
六冊の本の目録が掲載されていました。

いずれも「兵庫県地下文脈体系」というシリーズです。

その1が、VIKING 選集1
その2が、VIKING 選集2
その3が、AMAZON選集
その4が、七曜選集
そして5が本書でした。


VIKINGは神戸、AMAZONは尼崎、七曜は西宮を中心にした文芸同人だそうです。
俳句や短歌の会に入って投稿する人はまわりにたくさんいますが、小説となると長文を書くのはなかなか時間が許さないのか、あまり聞いたことがなかったので、こういう活動が今日も地道に行われていると知ってちょっとびっくりしました

http://bungei.cocolog-nifty.com/news/2009/05/post-c6f4.html
[PR]
by shukugawans | 2012-08-26 11:26
<< 犬と歩く夙川 大谷晃一「上ヶ原」 >>