古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


西宮の白魚漁を検証する

「歌川国芳と西宮」で、ご紹介した西宮の白魚についてもう少し見ておきたいと思います。
http://shukugawan.exblog.jp/

e0268888_1101744.jpg


この図の上にある駒絵の部分に描かれたのが
「志州西宮 白魚」の図です。

e0268888_10591564.jpg



e0268888_10593188.jpg


よく見ると二つの図はよく似ています。

『日本山海名産図会』によると、摂州西宮の入江は、春二月三月の頃、一町(100メートルほど)の区間に五箇所ほど藁五やを作り、両岸に網代木を互い違いにうちます。その間を満ち潮で上がっていた白魚が引き潮で下っていくタイミングをねらって、杭に固定した長い棹の先に吊した四つ手網を引き揚げて白魚を捕るという方法のようです。

四つ手網を使った白魚漁は今でも行われていますが、こだいから宇治川で行われていた網代木を用いた漁法との組み合わせによるのが、西宮における白魚漁の特色だったのでしょうか。
http://goo.gl/Wg7HD


『山海愛度図会』には、このほか「うかがひたい 摂州伊丹酒」、「けむったい 丹波 赤蛙(疳の虫の薬)」などなど近郊の名産もありますので、お楽しみください。http://goo.gl/sDwyi

平戸鯨、丹波鯖釣、伊勢海老網、伊予長濱章魚、越中滑川大蛸、摂津高縄鳬(?)、越後布、讃岐豊島石、備前水母、三河海海鼠、越前雲丹、泉州飯蛸、近江石灰、紀州熊野石苴、志州西宮白魚、飛騨神通川鱒、相州鰹魚鈎、摂州伊丹酒、尾張焼物、美濃木曽川の鯉、陸奥信夫摺、出雲はち蜜、遠江素之殿川鱧(?)、安芸牡蠣、能登サバ、備後たたみ、長門かに、甲州うるし、日向しいたけ、肥後大根、伯耆熨斗、薩摩やき物、豊後しぼり染、豊前小倉縮、但馬鯖、安房かつを、下野稲葉牛蒡、美作高田硯石、大和よしのくず、河内石灰、松前おっとせい(名産)、丹波赤がえる、対馬昆布海苔、蝦夷鮭
[PR]
by shukugawans | 2012-04-29 11:45 | 描かれた阪神間
<< 雨宮地名考 歌川国芳と西宮 >>