古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


さくらの夙川

西宮市の南西部を南北に流れる夙川の河川敷は、昭和26年3月、戦災復興事業の一環として「夙川公園」が都市計画決定され、河川敷を公園化し河畔松林の全面的な保全をはかることになったそうです。
夙川に当時市長だった辰馬卯一郎によって1000本の桜が植えられたのは、その二年前のことでした。
その後、桜は見事に成長し、平成2年に日本さくらの会選定による「日本さくらの名所100選に選ばれました。

現在では桜の総数は1680本、内訳はソメイヨシノ1200本、ヤマザクラ70本、オオシマザクラ110本、カンザン100本 その他フゲンゾウほか15種だそうです。
この公園は河川敷であることから、従来より川の両眼は松林となっており、1520本の松があるそうです。
この河川敷の整備は昭和12年に行われました。
http://www.nishi.or.jp/contents/00003619000400010.html

西宮市役所情報公開課では、毎年、歴史資料写真展として、収集された市内の貴重な写真を整理公開しておられます。今回はその四回目にあたります。

会場は西宮市役所東館8回にある情報公開課の廊下で、整理されたなかから選ばれた写真が拡大してプリントアウトされ、ラミネート加工され貼り付けられていました。

その展示構成は主に、夙川、満池谷ですが、ほかにも上ヶ原や御手洗川周辺のものもあり、大正から昭和にかけてのものでした。
夙川については昭和12年に西宮市が発行した「夙川公園概要」という冊子に掲載された夙川河川図を拡大して貼り、桜の写真に付した番号が地図で確認できるようになっていました。
下図はその一部分で、阪急夙川駅をはさんだ夙川です。左手端が昔は国道といっていた、
阪神国道(現在の2号線)。
e0268888_23142753.jpg


さて、写真は9番。国道からトラックが堂々と進入していくのは
現在のオアシス道路。(国道2号線にかかる夙川橋)
昭和32年です。道路の真ん中には路面電車の敷石も見えます。

e0268888_2315414.jpg


次の写真は大井手橋の南側。12番の写真です。
後述しますが、情報公開室のパソコンには当時の周辺の写真がたくさんあり、
三角錐の形をしたぐるぐるまわる遊具など懐かしい遊具がたくさんありました。

e0268888_2316989.jpg


もう一枚は、片鉾池の南側から新しくできた松下公民館を見た図です。
昭和43年に池を埋めて、新しくできた部分に植樹され2年目の桜ということになります。
桜は成育が早いようで、60十年寿命説もあるそうですが、今ではおそらくりっぱに咲いているはずです。

e0268888_23164036.jpg


そういえば、JRの線路のすぐ北にあった小さな橋。
阪神大震災で倒壊したまま、復元されなかったように思いますが、
その橋の写真はなかったように思いました。

展示の最後には「展示した以外の写真を室内のパソコンで見ることができます。お時間のある方はどうぞお寄りください。」とありました。ので、お邪魔してみました。

情報公開課ですので、本来は情報公開請求された資料の閲覧に対応する場所なのだと思います。入り口のパソコンには、今回だけではなく、第三回までの写真、阪神パーク・西宮戎に関する写真が分類保管されていました。

展示されていない写真には、昭和52年建設中のグリーンタウンが写っている夙川の景色、大井手橋の北側の河川敷にぽっつり一つだけ屋台がある昭和49年の写真、水道施設への坂にまだ屋台がある昭和50年の満池谷、桜並木が殆どない昭和32年の上ヶ原、昭和29年の西宮戎の航空写真があったり、昭和41年の「福あめ」の写真があったりして、かなり楽しめました。


次回はこの5月から6月にかけて、レジャー夏 だそうですので、香櫨園や甲子園の海水浴場のお話などがでてくるのでしょうか。鳴尾のゴルフ場とかもでてくるとうれしいのですが...。
[PR]
by shukugawans | 2012-04-13 07:30 | 西宮のこと
<< 阪神合同バス 関西学院新聞と蕎麦更科 >>