古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
タグ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


文学逍遙 伊奈文庫

e0268888_9591067.jpg
さて、一つ前のブログで東秀三著『大阪 文学地図』という本をみつけたお話をいたしました。そのご紹介をしてくださっているブログが「文学逍遙 伊奈文庫」です。

伊奈遊子さんという方が書かれている文学雑感&読書メモとあります。
http://hikosan2.blog.eonet.jp/bungaku/


伊奈遊子さんで検索すると
http://yu-shi.blog.eonet.jp/about.html
「太極拳と万葉集に日々格闘している、太極拳講師」

同一人物なのでしょうか。と、思いましたが、どうやら同一人物のようです。

そしてこの伊奈遊子さんのブログを見ていて気づいたのは
別冊「關學文藝」という同人誌です。

伊奈遊子さんはこちらの冊子にも、ブログ「文学逍遙」を掲載されています。
http://kangakubungei1.blogspot.jp/

関学文芸部OB会の和田浩明さんを中心として発行されている同人誌のようです。

※高津高校五期生のホームページより別冊文芸の新聞記事紹介
http://park22.wakwak.com/~kozu5-2/hiroba-04/03.11.18nishijima.html

※伊奈さんが紹介されている関学文芸部OB尼子一昭氏の記事
http://hikosan2.blog.eonet.jp/bungaku/2012/05/post-c49f.html

※関西学院大学同窓会ページより
http://www.kwangaku.net/dousoukai/backnum/251_260/259/index.html


※和田浩明さん
http://hikosan2.blog.eonet.jp/bungaku/cat8518383/

※現役世代の関学文芸はこちらです。
http://kangakubungei0.blogspot.jp/

よく見ると、別冊関学文芸、関学文芸のページもともに伊奈さんの作でした。


ここからさらに、検索していくと、神戸ナビール文学賞、神戸エルマール文学賞へ、半年前までは未知の世界でしたが、皆様のおかげで、徐々に地元の文化にふれられて楽しいです。

http://plaza.rakuten.co.jp/kobeelmarbungaku/
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baatp100/navire/navirebunngaku.htm
[PR]
# by shukugawans | 2012-08-23 11:18 | 本のこと | Trackback | Comments(0)

M.SA.S.Hのテーマ

M.SA.S.Hのテーマ




朝鮮戦争を主題にした反戦映画 M*A*S*H

THEME FROM M*A*S*H ( SUICIDE IS PAINLESS )

ビル・エヴァンスのカヴァーです。

一昨日まで、マッシュという映画の主題歌で

マッシュって何となく見たことあったような

なかったようなぐらいにしか覚えていませんでしたが、

ちょっと調べてみりうと、

本歌も全然違うのですがなかなかです。


さらに検索すると、

そのカヴァーをひたすら集めてくださっているブログを発見。


http://tezyjay.maakikaku.jp/cat30/cat32/


聞いてみましょう。


**********************
西宮流ブログにいただいたコメントを追記します。


試写会少年の頃リアルタイムで観ました。
サントラ盤持ってます。
美しい切ないテーマソング SUICIDE IS PAINLESS
作曲はジョニー・マンデル
The Shadow of Your Smile (映画『いそしぎ』のテーマ)
書いた作曲家です。
よし今日のネタはThe Shadow of Your Smile名演集
[ 笹舟倶楽部 ] 2012/08/21 8:23:16 [ 削除 ]
この演奏が収められている、確か81年前半発売の
【You Must Believe In Spring】は、77年に録音完了していながら「全体が陰鬱に過ぎる」という理由でレコード会社がリリースを見送っていたアルバムなんですよね。
私の好みではビル・エヴァンスのアルバムの中でBEST3に入っていますけれど。
[ せいさん ] 2012/08/21 11:20:13 [ 削除 ]
笹舟倶楽部さま テレビ番組は覚えていますが、こちらでも同じテーマ曲だったのでしょうか。マッシュのテーマと聞いてまったく結びついていませんでしたが、いろいろ聞くうちに、聞いたことがあると申しますが、ジャズバージョンじゃない方がしっくりきました。そこからいそしぎ(磯鴫?)につながるとは知りませんでした。
[ ふく ] 2012/08/21 22:39:05 [ 削除 ]
せいさんがご紹介くださったYou Must Believe In Springをずっと聞いています。暗いといえば暗いですが、スウィングしてる曲やしてない曲やらいろいろ含まれていて何度聞いても楽しいです。きっかけがないと聞き流してしまいがちですが、こうやって話題になると徐々に覚えられてうれしいです。さきほど、J.J.Jphnsonバージョンを聞いてみました。
[ ふく ] 2012/08/21 22:41:06 [ 削除 ]
[PR]
# by shukugawans | 2012-08-21 01:26 | 音楽のこと | Trackback | Comments(0)

ワンズ!

こう暑いと、犬と歩けません。

ということで、ワンズも家のなかでごろごろしたり、

避暑にでかけたりしておられます。

犬と歩く夙川というブログタイトルがちょっとむなしいのですが、

秋になったらまた犬と歩きます!

ということで、犬がごろごろする夙川付近!


*******************************
西宮流ブログコメント
e0268888_16104717.jpg
追記

なかなかこの暑さのなか、元気よく【ワイルド・ワンズ】とは
いきませんね。
[ せいさん ] 2012/08/14 23:51:53 [ 削除 ]
せいさん
わかさゆえ悩みわかさゆえ苦しみ~を暑さに変えようと思ったら、ジャガーズでした。ワイルドワンズはこれしか思い出せませんです。ぼけかかってます。
http://www.youtube.com/watch?v=HVsgu-ZO4G4
[ ふく ] 2012/08/15 2:02:08 [ 削除 ]
可愛いですね!
こんなに沢山飼っていらっしゃるのですか?
お散歩は順番なのでしょうか?
皆さん、いいお顔ですね。きっといいコさんなのでしょう。
我が家は、犬まで反抗期です・・・
しかし、獣医さん曰く「あぁ、どんどん頑固になります」ですって。決して甘やかしてはいないのですけれど。
[ teraoni ] 2012/08/15 2:38:03 [ 削除 ]
teraoniさんのところも犬好きで有名でしたね。頑固名犬ってどんな種類なのでしょうか。
[ ふく ] 2012/08/16 0:40:33 [ 削除 ]
teraoniさん 話が複雑でよくわかりませんが... いまいる犬が以前西宮にいた犬の親戚なのでしょうか。母はボルゾイがいたのを覚えているようです。以前は柴がおりましたが、夫が無類の犬好きでして、阪神大震災後ゴールデンやラブを飼うことになり、晩年大の犬好きの父も喜んでおりました。今はラブ3頭、ホワイトスイスシェパード1、トイプードル4頭います。犬ばか以外の何者でもありませんです。
[ ふく ] 2012/08/20 23:14:43 [ 削除 ]
twitterようやくパソコンで拝見でき、返信することができたはずです。遅くなりもうしわけありませんでした。
[ ふく ] 2012/08/20 23:15:24 [ 削除 ]
シスターT。追悼の御ミサ、こちらの連絡もありました。さりげなく行くにはどちらがよいのかと思案しております。
[ ふく ] 2012/08/20 23:16:22 [ 削除 ]
コメント:
[PR]
# by shukugawans | 2012-08-14 23:09 | 犬のこと | Trackback | Comments(0)

夙川無二の森...といいつつ

e0268888_1626385.jpg



夙川、無二の森
その封印が今、解かれる。
ここ夙川の地にあって唯一無にの森がある。
それは、かつてこの森のほとりに居を構えた、
貴人達が愛した風雅な聖域。
人々は足を踏み入れることが
叶わなかった深緑の森に、
凛として、鮮やかなる邸が建ち上がる。
歳月を重ねた夙川邸宅街の風格と、森の静謐。
脈々と受け継がれてきたこの地の作法に適う
居宅としての存在感を身に纏って。

......................

たまたまyahooを立ち上げたらこんなマンションの広告がでてきました。

3月にブログでショッキングな様子をご紹介しましたが、
あの西宮にのこった古墳を壊して造成されるマンションの宣伝です。
http://shukugawan.exblog.jp/17976092/


無二の森を平気で破壊しておいてよくいうよという感じです。


興味のあるかたはごらんください。
なんとなくあほらしくなりますから。
お住まいを検討されているかたには申し訳ないですが... .

さきほど西宮芦屋研究所さんのブログを読んだ後でyahooの動画広告窓にでてきたため、すぐにアップしてしまいました。
http://www.proud-web.jp/kansai/mansion/takatsuka/

******************************
西宮流ブログにいただいたコメント追記しました。

なんというか、開いた口がふさがりません。私はご当地に縁のない極貧の身ですけれど、どうにもやりきれません。
「知恵はあっても知性が全くない」
「勘定は達者だけれど感情は貧しく感受性のかけらもない」
人達の所業にしか思えませんね。
[ せいさん ] 2012/08/14 10:41:14 [ 削除 ]
広告屋という連中は何とでも書くのものです。
貴人たちも草葉の陰でビックリ!
背景を識る(知る)者にとっては誠にアホらしいコピーです。
今お口あんぐりでパロディを考えてます

[ 笹舟倶楽部 ] 2012/08/14 11:32:21 [ 削除 ]
せいさん このずうずうしさにあいた口がふさがりませんでした。ちょっとした木でも伐るのをためらう人がいる一方で、わかっていて伐採しまくるって、民度が低すぎるように思いますが、経済効率優先といわれればそれまでです。こういう緑地を保存する方向で自治体と住民が動くところも多いのですが、どうも西宮というところはそうはいかない自治体のようです。どんな方々が引っ越してこられるのかわかりませんが、隣の山が削られる時にはどうされるのでしょう。
[ ふく ] 2012/08/14 22:35:20 [ 削除 ]
笹舟倶楽部さん  みんなのお口があんぐりなんでしょうね。 ブラボーもののパロディ拝見しました。アンチ広告したいですね。
[ ふく ] 2012/08/14 22:36:48 [ 削除 ]
ほんの出来心で完成度も低いですが、私も参入しました。
[ せいさん ] 2012/08/14 23:53:53 [ 削除 ]
せいさん。笹舟さんもせいさんもざぶとん三枚~の世界です。
ディベロッパーのかたに読んでもらいたいです。
[ ふく ] 2012/08/16 0:41:38 [ 削除 ]
[PR]
# by shukugawans | 2012-08-14 09:50 | 西宮のこと | Trackback | Comments(0)

ビギナーズ・クラシックス!

e0268888_1632644.jpg




何かを検索していてみつけたのが、
枕草子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス) です。
¥620円ですが、90円台で中古品が買えます。

ソフィア文庫といって角川学芸出版から発行されているシリーズです。
古典文学のほかには中国の古典や近代文学もあります。
http://www.kadokawagakugei.com/sophia/

誰が書かれているのかと思って背表紙を見て、
笑いました。

著者は清少納言。編集が角川書店でした。
当然といえば当然なのですが、
口語訳+原文+解説のような構成だったので、
どなたが書かれたのかと思いましたが、
その方の名前は背表紙のメインにはありませんでした。


著者プロフィールも、
表紙の折り込みに記されており、
清少納言さんについてでした。

ふと、印税のことなど考えるとともに
恐るべし角川学芸出版と思ったのでした。


近代文学はこのようなラインナップ。
http://www.kadokawagakugei.com/search.php?genre=ghp0204&sort=t_sort&search=1


ところで、古典や中国古典はわかりますが、
近代文学をどうやって紹介しているのでしょうか。
樋口一葉とか国木田独歩ならともかくも
一応言文一致以降だとどうなるんでしょうか。
興味津々で古本屋に行ってしまいそうです。
| 本のはなし | コメント( 2 ) | 編集




*********************
西宮流ブログへのコメントです


ビギナーズラックと読んでしまいました。
大穴当てたかなと・・・
[ 笹舟倶楽部 ] 2012/08/12 14:00:11 [ 削除 ]
笹舟倶楽部様
はい。書いた本人もそんな風になればよいかな...と。
[ ふく ] 2012/08/14 23:32:26 [ 削除 ]
コメント:
[PR]
# by shukugawans | 2012-08-12 11:53 | 本のこと | Trackback | Comments(0)