古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


畿内見物 大阪の巻

本好きの一家に育ちましたが、残念なことに戦災にあっていますので、
今残っているのは戦後の本ですが、古書で購入したのか、数冊戦前の本があります。
以前の家は地下に書庫があって、薄暗く湿度の高い場所でしたので、
本も傷みますし、そこに入って本を探そうという気になりませんでしたので、
家に昔からあった本を見るようになったのは最近のことです。

こんな本があったのかとびっくりしたのは金尾文淵堂
という大阪にあった出版社が出した『畿内見物 大阪の巻』という本でした。

e0268888_11591990.jpg


e0268888_120880.jpg




箱は失われており、

表紙は高いお堂のようなところから海の方向を見た図。
古風な図なのですが、海岸縁には工場の煙突から出る煙が描かれているという
ちょっと不思議な雰囲気です。

見返しは前のみで後ろは奥付の裏に貼り込まれていて
とりだせませんが、前が浪速踊りで後ろが住吉踊りのようです。
そんなに古くはみえないのですが、
奧付けをみると明治45年(1912)の発行とあります。

表紙の風景は高台にある社寺から見ているところから
上町台地ということはわかりましたが、
最初高津神社の絵馬堂かと思ったのですが、
ならば絵馬を書くはず。
戦前、大阪からはるか海をみわたせたお堂。
目次を見て、四天王寺の五重塔だとわかりました。
この塔、室戸台風で倒壊し、再建再び戦災で焼失と悲しい歴史があります。
今は再建されていますが、当時はこんなに遠くまで見渡せたのです。

今は確か毎月22日の聖徳太子の命日にのみ公開されていたように思います。
一度登ってみたいと思います。

ご興味がありましたら、下の近代デジタルライブラリーでモノクロですが読むことができます。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765549/1

金尾文淵堂は明治から戦後まであった大阪の出版社で、
seitaroさんが以前に話題にだされた、
薄田無菫の『白羊宮』や与謝野晶子の『志ら玉姫』を出版しました。
 http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p10758386c.html

金尾文淵堂については『金尾文淵堂をめぐる人々』石塚純一という著作が紹介されていますが、この書籍については署名で検索すると、抄訳でしょうか、pdf化されて、ネット上で読むことができます。少し読んで見ると、先行研究として西宮ブログでもimamuraさんの記事によくでてくる足立巻一さんの「文淵堂・金尾種次郎覚書ー大阪時代」、高橋輝次さんの「金尾文淵堂 その人と仕事」などがあるようなこともわかりました。 ほかにもいままで興味がつのります。
 またいままで目にしたことのある杉浦非水による『非水図案集』、甲山の図でとりあげた赤松麟作の『阪神名勝図会』などがこちらから刊行されいたことも思い出しました。

さて、挿絵は中沢弘光(1874-1964) 東京美術学校を卒業後白馬会の創立に加わった洋画家で、官展を中心に活躍したとありますが、同じ方でしょうか。


e0268888_1204027.jpg

[PR]
# by shukugawans | 2013-03-17 12:01 | 古書のこと | Trackback | Comments(0)

神戸 文学のおもかげ

宮崎修二朗先生の電子書籍『神戸 文学のおもかげ〜100年の時の流れに映る〜』ver.1.0が完成したということでしたので、一部わけていただきました。

『歴史と神戸』に連載された原稿を大幅に加筆訂正されたものだそうで、明治元年から昭和20年の終戦までのことがまとめられています。付録もふくめて、166頁がデジタル化されています。
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/cat11880191/

神戸新聞の出版部長でもあった著者は神戸を中心に関西の文学について、まとめた書籍が『ひょうご文学歳時記』なども含めて多数あります。

限定100部作られたものだそうです。ipadに入れて読みます。
e0268888_22105719.jpg

[PR]
# by shukugawans | 2013-03-02 22:12 | 本のこと | Trackback | Comments(0)

アサヒビアホール

昔のメニューシリーズ、今でも続いているアサヒビアホールです。

e0268888_2223148.jpg


下の方に「アサヒビアホール レストラン 梅田 大阪」とアルファベットで書かれています。右下には明治四十五年六月二十九日の青いスタンプがおされています。

セット価格だと思いますが、英語のメニューなので、
ファースト、セカンド、サードクラスですから、日本語であれば一等、二等、三等だったのでしょうか。

ファーストクラスはスープ、5皿、ケーキ果物、 1円25銭
セカンドクラスはお皿が4皿になって、1円
サードクラスはお皿が3皿で、80銭。

毎日書きかえていたのでしょうか。
この日は

スープ 15銭
魚のフライかボイル 20銭
ポークチャップ 20銭
Shin nits of veel???? 20銭
Dabell? 雄牛のタン 20銭
ビーフ・ア・ラ・モード 20銭
ハンバーグステーキ 20銭
ローストビーフor チキン 20銭
カリー & ライス 20銭
ハム & サラダ 20銭
プディング 10銭
珈琲・紅茶・チーズ 10銭
チョコレート・ココア 10銭

途中想像できないものが一つありますが、なんとなくわかります。
だいたい今までのレストラン同様、カレーやハムサラダ、ハンバーグとローストビーフの値段がおしなべて20銭というのが、不思議です。

最後に、
ASAHI BEER HALL
AND
RESTAURANT
UMEDA<,OSAKA

とあります。

アサヒビアハウスのサイトには日本で初めてできたビアホールは大阪のアサヒ軒、
その流れをくむのが昭和11年に旧同和火災ビルに開店したアサヒビアハウスウメダだと書かれています。(現在は同ビルが建てかわったフェニックスタワーで営業中)
http://foodpia.geocities.jp/einprosit_osaka/abh.html


アサヒ軒は、アサヒビールの前身にあたる大阪麦酒会社(山本為三郎の項にもでてきました)が明治30年11月、大江橋の南詰めに日本で初めて開設したビヤホールでした。最初は夏場だけだったようですが、明治32年には暖房設備を整えて冬場の営業する本格的ビアホールになったたそうです。
http://www.asahibeer.co.jp/area/07/27/sakai/komakichi_vol05.html

e0268888_22235857.jpg



この写真がアサヒ軒ですが、英文表記すればASAHI BEER HALLだったのではないでしょうか。

昭和11年に同和火災海上ビルに移転し、アサヒビアハウスとしてオープンするのですが、この建物で明治45年にも営業されていたのかどうか、あるいば別の建物に移転していたのかはもう少し調べなくてはわかりません。

旧同和火災海上ビル時代のビアハウスは何度かいったことがあります。
[PR]
# by shukugawans | 2013-02-15 22:24 | むかしのこと | Trackback | Comments(0)

江戸食文化紀行

江戸食文化紀行という歌舞伎座メールマガジンの連載。
松下幸子先生の浮世絵と食べ物のお話がおもしろいです。
浮世絵は国会図書館のデジタルアーカイブで検索すると、
メールマガジンよりも、さらに鮮明な画像でも見られます。

e0268888_2253585.jpg


http://www.kabuki-za.com/syoku/bkindex.html



江戸のお話ばかりではなく、関西もあります。
例えば恵比須と鯛とか。
お盃にもよく使われるデザインです。

e0268888_2265231.jpg

[PR]
# by shukugawans | 2013-02-01 22:08 | ブログ三昧 | Trackback | Comments(0)

幻の弾丸列車計画

戦前、弾丸列車計画というのがあったということをお聞きになったかとも多いと思います。戦後、東海道新幹線が開通には、その弾丸列車計画により買収されていた用地が役立ったとかと聞いたことがあります。

e0268888_1135474.jpg


東京から、下関までの東海道線にかわる、新たな輸送手段として、1940年には、鉄道省が「東京・下関新幹線建設基準」を判定し、帝国議会により『広軌幹線鉄道計画』が承認され、国家が1954年までに開通させることを目標とした十五カ年計画が策定され、用地買収が行われたそうです。

結果的には戦争によって1943年には工事が中断され幻の計画となってしまいました。この計画によると現在の東淀川駅に新大阪駅が作られること、新神戸駅は現在の新神戸駅を西に、神戸駅の北方に作られることが予定されていたそうです。

そして、新大阪、新神戸間は、現行の山陽新幹線と同じく、トンネルを掘ろうとしたそうです。でも今の新幹線のように甲東園でトンネルに入るのではなく、トンネルの入り口は芦屋付近が想定されていました。具体的には東淀川駅から庄内を経て、尼崎市内を通り、西宮北口駅付近では阪急神戸線と併走して走り、芦屋と西宮市境あたりで、トンネルに入るというような計画だったおそうです。

何か記録がないかと思って、神戸大学新聞アーカイブを見てみると。ありました。
1941年8月6日の神戸新聞と、1942年6月2日の報知新聞の記事です。

報知新聞の記事には「決戦下悠々たり世紀の大事業」東京←九時間→下関、京阪神を僅々三十分、実現するか”弾丸列車”国鉄が打樹てる技術陣、とあります。

e0268888_1143629.jpg


e0268888_1152519.jpg



京阪神に関わる部分を抜粋すると、以下のようになります。

かくて京都に現れた列車は一直線に大阪に南下するが、ここでは淀川渡河を避けて大阪駅には立寄らず現在省線東淀川駅に新大阪駅を建設してそこから阪急高塚線服部に抜けようとする案で結局注目の新大阪駅は現在の淀川駅に決定をみているわけである服部から現在の省線、阪急神戸線の中間を渡って西宮北口で阪急線とクロスし北上した六甲山中に入りこのトンネルを潜って神戸に現れ、それから山陽線に沿って下関に至ろうという訳であるが、この六甲トンネルは日本一丹那トンネルの二倍強、全長十四キロに及び世界で第三番の長トンネルとして誕生する
このトンネル工事は丹那の如くに土砂の崩潰や湧水は比較的少く案外容易な工事と観測されているがなにしろ全長十四キロに及ぶ掘□作業なのでここから排泄される土砂は約百五十万立方メートルに及びこれだけで相当な小山が築かれようという莫大なもので工事事務所では土砂排泄鉄道を別に建設し内務省の神戸港拡張工事と並行して神戸港埋立土砂に使用しようとする計画を進めている

結局できることのなかった、この路線ですが、できていたら、満鉄のアジア号のような列車が疾走していたのでしょうか。ひょっとして阪急線の北側ですから、さてどこを通ったのでしょう。

下の方のブログにある予測では、
なんと弾丸列車の通過点は阪急以北。
平木中学校の南側から関西スーパー南側を抜けて、大社小学校北側から大井手橋の北方あたりに、さらにそのまま西にいって岩園トンネルのあたりまで地上を走り、
そこからトンネルを掘る計画だったというのです。

その弾丸列車が通ったならば、夙川をわったった位置ですが、
どうも、私がいつも散歩で渡る、川におかれた石のあるあたりのようです。


大谷町から土砂を運搬する鉄道があったという記述ももう少しおいかけてみたいと思います。
http://iso4z.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-50f9.html



お時間のあるかたは下のブログをどうぞ。
このブログをよく見ますと、高圧鉄塔の位置からその路線を推定されています。すごいな...と、思いました。


http://iso4z.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-deed.html
[PR]
# by shukugawans | 2012-12-04 01:16 | Trackback | Comments(0)