古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
タグ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昭和11年玉筋魚飴煮

飯島幡司さんの『南窓集記』の目次を見ていて、
偶然「玉筋魚」の文字をみつけてしまいました。

e0268888_22392829.jpg


たぶん、先日の魚谷常吉さんが昭和10年に書かれた『滋味風土記』を見ていなければ読み飛ばしていただろうと思います。

こちらは、東京と大阪の社交倶楽部に集まる方々の話題とか雰囲気の違いをまず冒頭に語っておられます。大阪倶楽部に何かことのあるときだけひょっこりと顔を見せる千万長者の老人についてです。
(億万じゃなくて千万のところが時代を感じさせます)
この老人、財産を長男に贈与したものの、亡くなられて、自分が再度相続し、さらに三男に贈与して、三度相続税を払ったとかいって、満座笑い転げるようなタイプの大金持ちだったようだ。
以下イカナゴの登場するくだりを、引用してみましょう。

この翁にも道楽があって、有馬の別荘で作るところの山椒の実を煮て知己に分かつ。これを私もときどき頂戴した。近頃はまた塩屋の別称で漁れるイカナゴを飴煮にして方方の厨房を賑はしてゐるよしを披露して、さて、しみじみとした顔で、
「家内揃ふて山椒の実をよりわけてゐると、憂世はなれてええ気持だつせ」と仰せあるに人人また「よういはんわ」と笑ふ。
 それから数日ののち、思ひがけなくも、拙宅へイカナゴの飴煮が届いた。それに翁の自筆と思はれる色紙が添へてある。淡路島を前に六人の漁夫が裸で網を曳いているのどかな風景である。その上に
  いかなこの漁に賑ふ春の磯
と俳句のやうなものを書いて、その横に「召上り御意に候得ばわる口をいはぬよう」とのお叱りである。
 財千万を積んで齢古希を重ねても、朝晴暮雨これ世間のことと嘆いてはゐられぬところに人の世を柔げる愛嬌がある。 


(一一・四・二〇)と文末にあるので、昭和11年に書かれたものと思われます。
幡司さん、この時はどちらにおすまいだったのだろうか。やはり塩屋あたりでイカナゴを飴煮にしていたのだということがこの文章からもよくわかります。

すぐ悪くなるので、地元でしか食べられておらず、おすそわけの場合は飴煮など濃い味で調理するということだったのでしょう。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-30 22:43 | Trackback | Comments(0)

ひょうご古本市の収穫

ひょうご大古本市で、300円均一の本を七冊買いました。

昔ほるぷから出ていた名著復刻全集 近代分学館というシリーズのうちの
『吾輩は猫である』中編。この猫のイラスト以前初版を見たときから好きです。


e0268888_22111277.jpg




武者小路実篤が文章を書き、岸田劉生が装丁をしている『カチカチ山と花坂爺』です。これも手にとってなんとはなしに読んでみたい装丁ですので、欲しかったのですが、300円ならばということで買いました。

e0268888_2244074.jpg


同じく装丁ということで、森田たまの招かれぬ客。きもの好きだけあって、装丁に凝っているというお話でしたが、ちょっとぼろぼろですが、なるほどと思って読むにはちょうどよいお値段です。

e0268888_225107.jpg


もう一冊は安藤更正先生の『南都逍遙』。安藤更正は会津八一先生のお弟子さんですが、早稲田出身の先輩たちのからよく耳にしたお名前、いつか南都を逍遙するときによいかと思って購入しました。

e0268888_2233938.jpg


さらに古美術関連、広田不狐斎の『骨董』。これは過去に読んだことがあるので、ひょっとすると持っているかもしれませんが、まあ300円だから伊井か...。

e0268888_2261831.jpg



全然違う系統の本で、『翻訳者の仕事部屋』深町真理子。海外ミステリー好きにとってはものすごくお世話になっている翻訳者の方。いったいどんな方なのか記になりました。

e0268888_2264752.jpg



そして最後が、飯島幡司『南窓集記』。 
さて、なぜこの本を買ったかというと、この名前の方は確か昔近所に住んでおられたような気がしたからでした。昭和14年の随筆なので、ならば関西のことが書いてあるに違いないと思いました。

e0268888_2272291.jpg


ネット検索すると、デジタル版日本人名辞典にお名前がありました。

1888-1987 大正-昭和時代の経営者。
明治21年5月12日生まれ。神戸高商教授をへて大阪鉄工所(現日立造船)専務。昭和7年朝日新聞にはいり論説委員となり,のち朝日放送の社長,会長。カトリック教徒として日伊親善につくした。昭和62年1月11日死去。98歳。大阪出身。東京高商(現一橋大)卒。筆名は曼史。著作に「キリスト教の社会観」など。
wikiによれば、神戸高商の教授だった1918年に、久原財閥の久原商事に入社。大阪鉄工所(現日立造船)の専務を務め、経営難に陥っていた同社を立て直したという経歴の持ち主だそうです。

何冊か著作もおありのようで、読んでみようと思います。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-30 22:09 | Trackback | Comments(0)

トレゴスナン

某英会話学校で英会話を習っています。
時々あたる先生、
主なテキストは "Food"
先生の大好きなテーマでもあり、
私も大好きなテーマです。

実は先日、イギリス本国で紅茶を栽培しているという話題がでていたのですが、
聞き間違いかとずっと思って、数度確かめました。

なんとなく理解されていないという雰囲気を察知してくださったのか、
昨日のテーマは ”English Tea”でした。

おまけに、Tregothnanという
件のイギリス製の紅茶のティーバッグをいただきました。
Tregothnan Earl Grey!

e0268888_1825180.jpg



このお茶はイギリスのコンウォールにあるトレゴスナンガーデンで造られています。この土地は14世紀以来ファーモス卿一族の土地で、現在もボスコーウェン家が所有しています。
この庭を管理するジョナサン・ジョーンズさんが椿の栽培が可能なこの土地でお茶の栽培ができないかと試行錯誤をくれかえした後に、2006年から製品化されているのが
Tregothnan という土地の名前を冠したお茶のブランドです。


e0268888_18254723.jpg




まだまだ大量生産されていないので、
日本ではなかなか手に入りませんが、
とても貴重なお茶をいただきました。

e0268888_1826869.jpg


今回いただいたのはアール・グレイ
アール・グレイはベルガモットの香りをブレンドした紅茶で、
アールグレイ卿やレディ・グレイにまつわるお話がいろいろありますが
こちらはまたの機会に。

wikiの英語版をみていますと、
In popular culture 
Earl Grey tea appears frequently in popular culture.In literature, the main character in Haruki Murakami's Kafka on the Shore starts his days in the library with a cup of Earl Grey tea.
アールグレイが文学作品にでてくる一例として、村上春樹の『海辺のカフカ』が冒頭にでてきました。すごいです。家にある新潮文庫の100冊。パンダがYonda?といっているロゴのあるもの。「呼んでないよ。」っと、いいつつぱらぱらとめくりましたが、探し出せませんでした。上下二巻の小説は...うん。いつか読もう!


トレゴスナンのウェブサイト
http://tregothnan.co.uk/index.php?/tea-garden/p_302/
こちらはトレゴスナンティーを紹介したAll Aboutの記事です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/218248/

※写真はtregothnanのサイトから使わせていただきました。

http://tregothnan.co.uk/index.php?/tea-garden/p_302/

紅茶、アールグレイなどについての本だそうです。
http://homepage2.nifty.com/Tetsutaro/Writer/I/I022.html
[PR]
by shukugawans | 2012-03-30 18:28 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)

西宮の古本力(ふるほんりょく)?

西宮にある喫茶「輪」の今村様から
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/
daily-sumus というページを教えていただき、拝見していると、
いろいろ楽しい記事に遭遇することができました。

スムースというページ、
林哲夫さんという方、几帳面なレイアウトをされていて、
どういう方なのかと思っていたら、
画家、エッセイストとありますが、
それにとどまらず装丁も編集されたり、
古書蒐集家でもあり、sumus(スムース)という雑誌の同人でもあるそうです。

e0268888_174915.jpg


本当は尾崎秀樹記念大衆文学研究賞を受賞されている『喫茶店の時代』という本が読みたかったのですが、これはなかなか手にはいらないので、
『神戸の古本力』という本をamazonにて格安に手にいれて読んでみました。

e0268888_183921.jpg



2006年、高橋輝次さん、北村知之さんとの共編著です。
もう6年前の出版ですので、現状とは少しかわってしまっているかもしれませんが、
巻末に神戸の古本屋さんの地図もついています。

構成は第一部が神戸の古本力というテーマで三人の編者による対談。
次に、二十人の方々が書かれた神戸の古本力のアンケート、最後が前述の地図と全国の古本屋リストです。アンケートに答えておられる方々はこの三人の方の人脈によるものかと推察できます。

このなかに西宮の古本屋さんについて書いてあったところが気になったのでちょっとふれてみましょう。

まずは地図です。神戸古書籍商業協同組合が1975年に発行した『六十年史』に掲載されている西宮支部と芦屋支部の地図。昭和50年、すでに40年近く前の地図になります。


e0268888_165245.jpg



この頃、私はまだ古書店とは全くご縁の無い生活をしていましたので、どの店も記憶にありません。栄文堂は今より東にあったのは知りませんでした。(確かに今の場所にはありませんでしたが...)この本を読んでいて思ったのは、ここに投稿されている無類の古本好きの方々は高校生ぐらいから、古本好きであられるようで、中途半端ではない生き方をされていると感心します。

さて、もう一件、気になる記事がありました。南敬二さんという方が書かれています。戦前に出されていた探偵小説の同人誌『ぷろふいる』という雑誌の編集者であった熊谷市郎さんという方が産所町で古本屋さんをされていたというものです。さきほどの地図でみると光文堂というのにあたるのでしょうか。

daily-sumusに発行された『ぷろふいる』の内容がリストにして掲載されています。
http://www.st.rim.or.jp/~kobashin/kumagai.html

蒼々たるメンバーが執筆している雑誌で、発行所は東京、神戸、京都、奈良と点々としており昭和23年頃まで続いています。

下のブログにも『ぷろふいる』について少しふれてあります。
http://paperbackwarehouse.jp/i_know_about.php?c=4

この方によれば、「『新青年』を除いては、続刊の年月最も長く、同人雑誌とはいいながら、後には半ば営業雑誌に転身していたのだし費用をかける事も多く、この種の雑誌としては最も立派なものであった。(略)発行所は京都市ぷろふいる社。資産家熊谷晃一君の事業であった」。と、江戸川乱歩がどこかに評したそうです。

この熊谷晃一さんが熊谷市郎さんです。京都の呉服屋さんのご出身で、休刊後は西宮で長らく古書店をされていたようです。

西宮の古本屋さん、どなたか行かれた方はあるでしょうか。
西宮在住といっても阪神西宮付近には最近まで殆ど行ったことがなく長らくすごしました。震災前はいろいろなお店があったようで、とても残念です。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-30 01:09 | Trackback | Comments(0)

玉筋魚釘煎

そろそろ、いかなごも大きくなってまいりました。
このところ、イカナゴ釘煮発祥の地の碑のある塩屋にいくことが多いので、
機になり、イカナゴの釘煮にかかわる本を一冊買いました。

「玉筋魚」と書いて「いかなご」と読みます。
そして「釘煎」=「くぎいり」でしょうか。



e0268888_23424593.jpg




写真は魚谷常吉さんというかたが昭和10年に書かれた『滋味風土記』に載っている
「玉筋魚釘煎」についての随筆です。
現在のイカナゴの釘煮のルーツと関係がありそうな記述が見られますので、ご紹介してみることにしました。


e0268888_2344546.jpg



e0268888_23445179.jpg



玉筋魚※1は春から夏いっぱいの間、明石近海より四国にかけて多量に漁れる魚で、形は針魚を小さくした様なもので、大きさも精々三寸(9.09cm)位までが旨く、それ以上のものは、余り喜ばれない。味がよいにも拘わらず、唯漁獲高が非情に多いのと、腐敗が早いために余り珍重されない。所によっては醤油を造ったり※2、肥料にしたりする位で、ちょうど鰯と同じような立場にある気の毒な魚である。一番旨いのは春先の小さい頃に網から上げ未だ活きて躍つて居るのを、塩茹でにして、二杯酢で食ふので、その外、この塩茹したものを胡瓜揉と和へて矢張り二杯酢で頂く。飯の菜にする時は、この一度茹でたもの、或いは活きたものを網にのせて焼き乍ら、生醤油をつけてい頂く。これも相当旨い。然し初夏の候、玉筋魚が大きくなつてから釘煎にしたものは、玉筋魚料理の中でも最も美味のものである。酒によし、飯によく、其の上保存が利くといふのが嬉しい。近頃はオイルサーデンで日本一の名を挙げた明石の水産試験場※3で、飴煮を試作して、大工場や兵隊などに多量に供して居るが、私は飴煮も結構であるが、釘煮を賞味したい。製法は至つて簡単で、玉筋魚一升に対し生醤油五合砂糖五十匁で煮詰めればよい。要は玉筋魚の生きたのを選ぶだけである。従つてこの死に易い魚を材料とするのであるから、漁場でなければ出来ない料理で、若し入用ならば、兵庫の駒ケ林漁業組合か、明石の垂水魚市場へ頼めば送ってくれる筈である。決して商人に頼まず、漁夫の手製のものを求めるやうにせねば、肉の引き締つた、底味のある本当の釘煮は得られない。
 玉筋魚に似たもので、大分県佐賀県にキビナゴといふ魚が饒産する。栃の人は余り顧ず、下層階級の食物になつて居るが、これも玉筋魚と同じ方法で、釘煮にすれば相当に旨く頂けるのである。栃の人に教へてやつた処、試作して、紡績工場へ売り、味もよく、価格も安いので、大変喜ばれ、自分も今迄にない楽な盆節季をしたと、喜んで礼を云われた事がある。

※1 玉筋魚【玉=筋=魚/×子】スズキ目イカナゴ科の海水魚。全長約25センチになる。体は細長く、やや側扁し、腹びれはない。背側は青く、腹側は白い。内湾や浅海にすむ。小さいものをつくだ煮にするほか、養殖魚のえさに利用。こうなご。かますご。(大辞林)
※2 塩漬けにして醤油にしたものは香川県にある。以下に例をあげます。
http://www.wasyoku.net/shop/ikanago/index.html
※3 明石水産試験場とオイルサーディンの関係については不明。以下のブログが加工食品の歴史について書いている。
http://ameblo.jp/tomatobarrow53/day-20120207.html
水産物の缶詰め加工については以下
http://www.jca-can.or.jp/honbu/200anniv/can200table.pdf
※4長田区の駒ヶ林はもともと漁港でした。
http://blog.goo.ne.jp/kimmy_v-kobe/e/cce5eb21586bb19b59e9faf6850314a2

※※一部旧かな使い、漢字などを改めさせていただきました。脚注は筆者です。
※※※釘煮のルーツについては下のページが詳しいです。
http://hyochin.com/knowledge/post-10.html

魚谷常吉(1894-1964)は料理人で、神戸で「西魚善」という料亭を経営していたそうですが、この本を書いた後、昭和16年、40代の後半で出家、和歌山県の宝光寺の住職となり料理の世界から退きました。

随筆は「神様が、我々人間共に、食ってよいと、結構な食物を沢山お許し下さって居るにも拘わらず、これを頂かぬのは、折角の神様の音恵みに対し、何とも申し訳のない次第である」という自序にはじまり、全国の其の土地にしかない特殊な料理法を求めて全国の滋味を紹介するという構成になっています。東京の鰻蒲焼をふりだしに、天城の山葵、名古屋の其子麵、大阪の船場汁と鯨鍋、灘の酒、神戸肉、蛸の鋤焼...山陽、山陰、東北、九州と...百十六の随筆がならびます。戦争をはさんで絶滅してしまったのか知らない料理も多く、またてんぽのよい文章で、読むのが楽しくなります。

1000円で入手しましたが、お得感ありです。
もう一冊、かつて中公文庫におさめられた『味覚法楽』、こちらは未読ですが、
アマゾンで95円からあるようですので、近いうちに読んでみたいと思います。


e0268888_23454949.jpg



ところで、イカナゴの釘煮ですが、
誰がいつどのようにして始め、命名したのか、
この随筆だけからは不明ですが、

今私たちがよく釘煮といっているよりももう少し大きないかなごを
煮て、「釘煎り」と明石付近では
昭和10年頃には既に明石付近にはいっていたということはわかります。

その頃阪神間でも、かますごというある程度大きくなったいかなごを
ゆでて、二杯酢で食べていたという話は祖母から聞いたことがあります。
醤油であまからく煮るのは琵琶湖のごりで、
海の魚をあんな風にしては食べなかったともいっておりました。

今のように流通網が発達する前は
鮮度の保てないイカナゴは魚谷常吉さんがおっしゃるように、
駒ヶ林や垂水であがっていても、
阪神間にすらとどきませんでした。
あるいは阪神間であがったとしても、
そんな食べ方は伝わって来なかったようです。
知る人ぞ知る地元の料理が、流通と新聞やテレビ、雑誌、さらにはネットによって広がり、
ポピュラーな関西のお料理になっていったということかと思います。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-29 23:46 | おいしいもの | Trackback | Comments(1)

満池谷の桜情報

ニテコ池と夙川のちょうど真ん中ぐらいに住んでいますので、
今の季節は桜の状況が少し気になります。
いつも、ニテコ池の南側の通りに、
ソメイヨシノよりも少しだけ早く咲く木があります。

e0268888_21535062.jpg



この木がそろそろ今年も満開。
木によってはもうすぐ開花しそうなものもあります。

e0268888_21542556.jpg


満池谷の桜はかなり痛んでしまっていますが、
夙川河川敷の桜も、そんなに元気ではありません。

いまはもう全く桜が見られなくなってしまった、
夙川駅から相生町を経て雲井町、殿山町と歩いていくあたりや
雲井橋のあたりの桜のちょうど20年前の状況と似ています。

新しい木をどんどん植えていかないと、
桜並木は保てないようで大変そうです。

そう思って見ていたら、
今まで気づかなかった
記念プレートをみつけました。


e0268888_21544933.jpg



平成9年に西宮夙川ロータリークラブが創立記念十周年事業で植えた桜でしょうか。
随分大きくなっています。

e0268888_21551082.jpg


そう思いつつ、いぬにひっぱられるようにして、
ニテコ池を後にしました。
右は最上階を鶴瓶さんが買い占めたと近所で話題の旧領事邸跡のマンション
左は光雲荘。

今年は屋台がでないので、
不法駐車も少なくなり、少しは静かにお花見できるかと、
ちょっとほっとしています。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-29 22:01 | 犬のこと | Comments(0)

加藤一雄の小説は今年もでないかも...、って。

少し前から、郷里の西宮市による西宮流というブログをよく拝見している。
そこで知り合った方の書いておられる関西の詩人について検索していると、
ひょんなこと(私にとってだけひょんなことであり、実際には必然)で、
加藤一雄先生の名前に行き当たった。

実は詩人の天野忠さん、山田稔さんを検索していて第二京都主義というブログを拝見していて見つけた。
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/

しかも意味深な、『加藤一雄の小説』は今年も出ないかも、という標題だ。

http://3gatsu.seesaa.net/category/1527113-1.html

このブログは「三月書房のブログのようなもの」とあって、
最近は殆どいかないけれど、あの寺町二条の三月書房から出される本のことが書かれているのかなと思った。

この本はどうやら足かけ6年でてないらしい。
なぜなんだかわからないのだけど、
それもまたよし、
私も、便乗ででるまで待ちたい...。

私が20になるかならない頃にお会いした
加藤一雄先生って不思議な方だった。
心臓がお悪かったらしく、
研究室で、パンの入った紙袋をなにげなくふくらませて、
ぱ〜んっとたたいて同席の方から注意された。

20年ほど会うのが遅すぎた。
お会いできるなら今お会いしたかった。

そんな方々にいままでたくさんであってしまっている。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-27 21:56 | 古書のこと | Trackback | Comments(0)

彷書月刊って?

ところで、『彷書月刊』ってどういう雑誌なんでしょう。
以前だったら、そんな恐ろしいこと今更人前で知らなかったといってどうするの?
っというところでしょうが、
今となっては、それが何なんですか。
この雑誌。以前からかなりよく目にしていました。

wikiには
「彷書月刊(ほうしょげっかん)は、1985年9月に創刊された日本の月刊誌。株式会社彷徨舎から刊行。古書と古書店をテーマにした情報誌で、毎号異なる特集記事、本に関する連載、古書即売会の情報のほか、巻末には数十ページの古書店目録(古書店が売り物を公表するカタログ)が掲載されている。編集長は田村治芳(田村七痴庵)。2009年10月に、2010年10月号(300号)をもって休刊することが発表された。」浅生ハルミン、石田千、岡崎武志、恩田雅和、河内紀、Q.B.B.、近代ナリコ、坂崎重盛、豊田正子、nanakikae、南陀楼綾繁、橋爪紳也、久松健一、
藤巻法明、ほかとありますが、

え、それ以後誰も更新してないわけなんでしょうか。
といっても、この執筆陣のなかで聞いたことあるのは南陀楼綾繁さんと橋爪紳也さんだけだわ...。

検索してみると、やはり非情に注目すべきよい雑誌だったようで、
編集長の田村さんも休刊の翌年になくなっておられるようです。

すぐに物忘れする脳にかわって、ちょっとここに彷書月刊について記憶をとどめさせてください。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-27 21:39 | Trackback | Comments(0)

彷書月刊1986-6の表紙

先日の神戸大古本市で買った雑誌、
『彷書月刊』1986年6月号、特集キッチュ-巷の芸術となっています。

はみ出した美ーキッチュ 池田龍雄
新人類の幼児性ー鈴木志郎康
キッチュからガジェットヘ 上野昴志
革燐同のこと、ヘリコプター派のこと 松田哲夫
石子順造とキッチュへ 今泉省彦
キッチュを売る店 アメノスタンプコイン社野本孝清氏に聞く
以上、6本のエッセイが掲載されています。

ところでこの雑誌の表紙が目をひいます。


e0268888_15555347.jpg



写真提供松田哲夫氏となっており、えべっさんと大黒さんが
大きな広蓋だろうか、お盆を持っていて
その上には「信用」「倹約」、「勉強」、「堪忍」、「責任」などの文字を書いた丸い球が乗っており、小判があふれかえるように吹き出しています。

引札かもしれないこの絵とても印象的です。


「引札とは、江戸時代から明治期にかけての商店の宣伝広告で、現在のちらしにあたります。縁起物の絵柄を刷り込み、年末年始に配られた「正月引札」や暦をすりこんだものなどさまざまな種類のものが作られました。」と、大阪市立図書館のホームページには紹介されています。
エビス、大黒を書いた引札、オリジナルがあって、そこに各店独自の案内を載せて刷るわけですが、いったいどのぐらいの種類があるのでしょう。
https://www.oml.city.osaka.jp/topics/hikifuda.html

e0268888_15565338.jpg



e0268888_15572632.jpg



展覧会の記録には二つの図がのっていたので、転載させていただきました。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-27 15:58 | 古書のこと | Comments(0)

ブログをはじめるにあたって。

ブログをはじめることにしました。

わたしのふだん調べていることはここに書いている内容とは
境界を接してはいるのですが、
直接は関係がありません。
ただ、必要なものを探していて、
ふと、そのわきにあったもの、
そのままにすると、忘れてしまいそうなもの。
今は関係ないと思っていますが
いつかはなにかとなにかがつながるものがあるような気がします。

以前ならメモをとっていたのですが、
メモは検索もできず、どこかにいってしまいます。
記憶には限りがあります。
そして記憶力は年々衰えます。

机の上にはパソコン、
ふだんはiphoneなどの端末が手元にあります。
このような環境を
愚人が利用しないのは
「あほですよ」
と、空の彼方から先生にいわれそうです。

ですから、非公開、公開をうまく使いわけながら
書斎の文房具のかわりにパソコンを使って、
このブログを書こうと思いました。

よろしくお願いします。
[PR]
by shukugawans | 2012-03-27 12:00 | Trackback | Comments(0)