古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


西宮八景 考

西宮八景というものがあります。
津努晴嵐 広田夕照 御前帰帆 神呪晩鐘 鳴尾落雁 名次秋月 今津夜雨 武庫暮雪

北宋の頃に、洞庭湖とそこに流れ込む瀟水と湘江が合流するあたりを瀟湘といい、代表的な八つの景観を選んだ瀟湘八景まで遡ることができます。水墨画、漢詩とともに日本に伝わり室町時代には博多八景が選ばれたといわれます。

日本では室町時代に近江八景が、江戸時代以降各地に広まり、現代に至まで八景が生まれその数四百以上ともいわれます。もちろん中国国内はもとより、朝鮮半島、ベトナムなどにも伝わったそうです。次ぎに、西宮八景と、八景のはじまりともいうべき瀟湘八景と、日本で一番知名度の高い近江八景をあげてみます。

(西宮)  (瀟湘)  (近江)
津努晴嵐  山市晴嵐  粟津青嵐
広田夕照  漁村夕照  瀨田夕照
御前帰帆  遠浦帰帆  矢橋帰帆
神呪晩鐘  煙寺晩鐘  三井晩鐘
鳴尾落雁  平沙落雁  堅田落雁
名次秋月  洞庭秋月  石山秋月
今津夜雨  瀟湘夜雨  唐崎夜雨
武庫暮雪  江天暮雪  比良暮雪

西宮八景について、ある江戸時代の文書のなかにみかけたことがあります。その時は江戸期の西宮の文人たちもこんなことを考えていたんだな程度に思っておりました。ところが、この西宮八景。注意してみていますと、いろいろな所でみかけます。ところが、誰がいつどのような目的で選んだかは、現在ではわからなくなってしまっているようです。

西宮の資料は往々にしてそうなのですが、戦災で原文書がなくなっている場合が多いです。かつて書かれたものを、原典を記さないで引用した書物が多いので、同じような記述が至ところで見ることができますが、実際のところはさっぱりわからないということがあります。

目にした範囲で「西宮八景」についてふれているものをあげてみます。

まず、一冊目は昭和16年に発行された「今津先賢遺文集」の巻末の年表です。寛延二年の項に「西宮八景といふもの定めらる」とあります。(その二年後に西宮の歌人、大田道雄が亡くなっています。)

もう一つは吉井良尚著「西宮の文藝」(吉井良尚選に昭和34年3月の稿として)です。以下のように書かれています。

西宮の歌壇 大田道雄(寛文11~宝暦元 1671-1751)は西宮歌人の随一であった。名は介録・不老水と号した。その門下に教へを受けた者、吉井良行・岡良知・当舎敬貞・東向良達・伊丹屋基嗣、岡本敬嗣、加藤古庵らがあり、よく諸所で歌会が催された。神戸生田神社の神主後神孝秀・同重詮なども参加した。(中略)寛延二年西宮の社家東向良達の主唱によって人々とともに西宮八景の歌を詠進した。八景とは武庫暮雪・神呪晩鐘・広田夕照・名次秋月・津努晴嵐・御前帰帆・曲江夜雨・鳴尾落雁を称する。

今津が曲江という古い表現になっていますが、八景があげられ、八景を詠進した年次が寛延二年(1749)とはっきりと記されています。(ここには出典は明示されていません。同一の文章は西宮市史二巻にも収録されています。)

さらにもう一つ。同じ吉井良尚氏の書かれた「西宮随筆 西宮八景について」が昭和49年5月に発行された「西宮文化」19号に掲載されています。

これによると、「名所西宮案内者」別名を「西宮廣田参詣獨案内」という版本とその写本があり、そこにに西宮八景について少しだけ記されているとのことです。(確認していませんが市立図書館に架蔵されているようです)以下のような歌が記されているとあります。

津努晴嵐  今朝見れば 夜こめの霧も吹きはれて 嵐に残る津努の松原

御前帰帆  淡路潟 あはれ浮き世をうみわたり 御前の浜にかへるつり船

鳴尾落雁  洲によする 浪の鳴尾の浦風に みだれて落つる 天津かりがね

入江夜雨  あま小船 入江の雨の暗の夜に とまのひまもる篝火のかげ

廣田夕照  へだてなく 夕日もかげやのこすらむ 廣田の森の朱の玉がき  
 
神呪晩霜  紫の雲井の山の寺の名を よそに黄楊わたる入相の鐘

名次秋月  秋の夜は いづくはあれど有明の 月の名次の名にや照るらむ

武庫暮雪  暮れゆけば 何処かいづく白雪の 高きや武庫の高根なるらむ

歌が書かれているだけで、誰がいつ詠んだかのについては書かれていないとのこと。この情報の提示に加えて吉井氏はこれがいつ頃から称せられていたかについて考察されています。

まず、前掲「西宮案内者」の成立については凡そ宝永から正徳、享保あたりと考えておられます。それは元禄十四年に刊行された摂陽郡談の記事が引用されているからなどとされています。そして八景の記事に附説がないことがさほど古く無いことを語っているのではないかと書かれています。

そして、氏は此の地方の近隣で名勝を宣伝、顕彰する前例をあげ、魚崎の雀の松原と山本復齋の関係について書かれています。雀の松原眺望十景を詠んだ歌というものがあるとも書かれており、このような風潮が復齋と交友関係にあった西宮神社の吉井良信や吉井良行などに移行したのではないかた書かれています。

ちょっと気になるのは吉井氏は昭和34年の時点では寛延二年、東向良達説をとっておられるのに、昭和49年には誰によっていつごろ称されたかはわからないとされている点です。

寛延二年説を裏付ける文献がでてくればよいのですが。そしてさらに気になることがあります。私が以前に拝見した資料と歌が違うのです。本来ですと、すべて謎がとけてからご報告をと思いましたが、このまま忙しさにかまけて、忘れてしまってもと思いますので、こちらに途中経過を報告しておくことにします。尚、別の歌の書いてある資料は所蔵者のご許可が得られましたら、どこかに発表させていただこうと思います。

※参考資料
「名所西宮案内者」(「西宮廣田参詣獨案内」)西宮市立図書館架蔵
「今津先賢遺文集」昭和16年
「西宮の文藝」昭和34年3月『吉井良尚選集』所収
「西宮随筆 西宮八景について」昭和49年5月に発行「西宮文化」19号

e0268888_1241457.jpg

○写真は八景の一つである名次山、かつて名次神社の鳥居があったという碑文のある場所から、北には甲山が見えています。
[PR]
by shukugawans | 2014-07-18 12:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shukugawan.exblog.jp/tb/22211398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
堀辰雄雑記 >>