古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


新村出 南蛮更紗

e0268888_11175695.jpg


先日のサンチカ古書市で、新村出の南蛮更紗を購入しました。

e0268888_11152256.jpg


重版ものでしたので、安かったのと、表は少しよごれていますが、
大正年間の刊行物で紙もよく、表紙の更紗風の木綿布の装丁の状態が良かったからです。

新村出という名前はたぶん皆様も無意識に目にされたと思います。

広辞苑です。
http://www.iwanami.co.jp/kojien/

e0268888_11155799.jpg


以前はこんな感じで、先生のお名前が背表紙にありました。
このお写真を載せおられる下の頁が的確にまとめておられます。
http://www.lexicon.jp/pages/kojien.html

第一版は1955年5月25日に発行されました。
新村出編「辞苑」という辞書が1935年にだされており、その改訂・増補だそうです。

この方のお名前、よく見たのですが、
読めませんでした。しんむらかにいむらか、いずる?かと思っておりました。
今ならネットで調べてすぐに覚えるところですが、

そういうわけにもいかなかったので、漢字で覚える。
それがかえって脳を刺激したのか、
それともそうでなかったのかは不明です。

できるだけ、間違った読み方を口にするのは避けてきました。
といっても、まめではないので、辞書をひくのがかなりめんどうでした。
そのため、ながらく「しんむらいずる?」状態が続きました。

今ではこの辞書がテキスト化されており、
携帯辞書やパソコンでも使えるようになっています。

持ち歩けないので、ふだんは岩波の国語辞典を使っていましたが、
文字校正をするとき、一番よく使ったのがこの広辞苑でした。

先日舟を編むを読んで新村先生のことを思い出しました。

新村先生は1876年に山口県で生まれた方で、東京帝国大学をご卒業、イギリス・ドイツ・フランス留学などを経て、後に京都帝国大学に赴任され1935年まで、言語学の講座を持たれていました。

その新村先生が、辞書編纂以外に名をのこされているのがキリシタン研究です。
私は学生時代から日本からヨーロッパに輸出された蒔絵螺鈿の漆器に興味がありましたので、先生の著書の存在はかなり早くから知っていて、「南蛮記」はさらっと目を通したことがありました。

「南蛮」ということば、
いまは南蛮漬け、カレー南蛮、鴨南蛮、南蛮黍などということばがあり、
長ネギや唐辛子などの料理をさして使うといいます。

本来は、中国の中原にいる漢民族が南に住む異民族をさして使ったことばで、
南蛮、北狄、東夷、西戎の四つの夷をさすものの一つでした。

日本は朝鮮半島や薩摩の島々を蛮としていたので、室町末期に日本にやってきた南ヨーロッパから来た人々を南蛮とよんでいたそうです。

新村先生の南蛮、キリシタン研究は、室町末から桃山にかけて来訪した宣教師が書いたキリシタン版といわれる書物の言語学的研究からはじまったと思われます。彼らが書き残したものを通して、言語のみならず、当時の日本の歴史、風 俗などを研究され、『南蛮記』などを書かれています。

http://www.city.kyoto.jp/sogo/hisyo/honor_06.html

『南蛮更紗』は平凡社の東洋文庫に再刊されています。

でも、改造社版と書かれたこの布表紙の本。
新村先生は新仮名遣いや形容動詞を容認されない立場にたたれていたと書かれています。そんなこともあり、この旧版でゆっくり読んでみたくなります。


昔は、話しの筋道を早く知りたくて、自分の興味のあるところだけをさらっと目を通すような読書しかしていませんでしたが、年とともにもっと落ち着いていろいろ学んでおけばと残念になります。
[PR]
by shukugawans | 2013-08-11 11:16 | 古書のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shukugawan.exblog.jp/tb/20916969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 江戸川乱歩と苦楽園 シュールレアリストは莫大小下着を着る >>