古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


六甲山 谷文晁の名山図会

「西宮あれこれ」という本が読みたくてアマゾンで検索していたところ、800円だったので買ってしまいました。ところが、とどいてびっくり。この本は家のどこかにあるはずと思いだしました。悔しいので家蔵の本は探していませんが、表紙と赤い題字には見覚えがあります。(表紙になっている御前浜の鯛釣りの図以前から見ていたはずなのに忘れて居たこともショックです)アマゾンの古書は表紙の写真がでてこないので、要注意です。
e0268888_1515092.jpg


「西宮あれこれーその自然と歴史を語る」というのが正式の題名で、編集が武藤誠、有坂隆道両先生で、お二人を含む蒼々たるメンバー18人が執筆、昭和54年に西のみ役所が発行しています。内容は発行時に新しく寄稿された文章もありますが、多くは西宮市政ニュースに連載された「新郷土史・西宮あれこれ」から再録されています。そしてこれらの小文は昭和31年から10余年にわたった紙誌編纂事業に編集専門員としてたずさわった先生方によって見いだされた話題からなります。

おそらく、発行された頃に家にあって、ぱらぱらと読んだに違い有りませんが、当時はさほど郷土史に興味がなかったのか、あまり覚えていません。

気になったのは武藤誠先生が書かれた「文芸にあらわれた甲山」という一文のなかにあった谷文晁の『(日本)名山図会』、にある六甲山の絵です。この本は天地人の三冊からなり、六甲山は人の巻の第五図にあたります。(引用の早稲田大学本は「名山図会、文化4年刊です)
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ru03/ru03_00243/index.html


e0268888_15152122.jpg



この名山図会の成立については、南部藩出身の江戸の町医者、河村寿庵(~1815)が関わったといわれています。この寿庵先生なんでも大の山好きで、自宅の屋根に上がって毎朝富士山をながめていたとか。寿庵先生が所蔵していた景勝地の絵を文晁が縮図にして原画を作ったのが『名山図譜』(1805)、それが後に『名山図会』と改題され版を重ねて明治に至ったようです。
(岩手県立博物館だよりより)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/tayori/114p2.pdf

武藤先生は、「逆瀬川あたりから南方をのぞんだ景観で、長くのびた六甲の山すそに突き出るように隆起した甲山をえがいてある。」と書かれています。

武藤先生、この文章の中ほどに「甲山をえがいた絵は数多いが...」とも書かれております。私はまだあまり見たことがないので、そんなに多いのかとちょっとびっくりしております。学生時代、史学の研究室から私たちのいた研究室に時々来て、お茶をのんで歓談されていた武藤先生の風貌を思い出すにつけ、なぜあの頃もっと興味をもって調べておかなかったのかと、悔やまれます。
[PR]
by shukugawans | 2012-05-14 15:16 | 描かれた阪神間 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shukugawan.exblog.jp/tb/17981738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夙川公園のバラ 韓国料理教室にいってきました >>