古書や骨董が好きです。歴史など調べるのことが好きですが、結構あきっぽく中途半端です。素人ですが、見たこと、聞いたこと忘れないうちに書いておきたいと思います。
by ふく
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
古書のこと
おいしいもの
むかしのこと
犬のこと
西宮のこと
もろもろのこと
非公開調査中
本のこと
ブログ三昧
阪神間のこと
音楽のこと
描かれた阪神間
うまいもの随筆
未分類
最新の記事
西宮八景 考
at 2014-07-18 12:41
堀辰雄雑記
at 2013-09-14 12:33
江戸川乱歩と苦楽園
at 2013-08-26 15:55
新村出 南蛮更紗
at 2013-08-11 11:16
シュールレアリストは莫大小下..
at 2013-05-03 18:17
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
検索
最新のコメント
ときわ宮水餅 僕の実家..
by 小池正行 at 00:16
非公開にしないと見えるの..
by shukugawans at 10:44
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書を書く at 12:17
いつもお世話になっていま..
by 凛太郎 at 13:19
残念でしたね。亡くなられ..
by akaru at 22:09
戦前の阪神合同バス時代の..
by 仁川メン at 16:33
こちらのブログにも お..
by MaYuLA at 22:17
メモ帳
記事ランキング
フォロー中のブログ
LA PETITE EP...
モダン周遊
最新のトラックバック
先史時代〜稲荷山古墳と大..
from ちょっと歴史っぽい西宮
ライフログ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


小林聖心女子学院の聖堂

苦楽園から「文学散歩」http://goo.gl/DLi9z に、須賀敦子は6~8歳(1935~1937年)の小学部時代、14~16歳(1944~1947年)の高等学部時代に小林聖心女子学院で学んだこと、そして、遠藤周作の母郁は小林聖心女子学院の音楽教師となり、1935年に小林聖心の聖堂で受洗したことが、書かれています。

聖心女子学院が初めて日本に進出したのは明治41年(1908)東京、広尾にでした。明治44年(1908)には神戸市内で開校を試みましたが、大阪教区からの認可が下りず、大正2年に一旦閉鎖。改めて、大正11年(1922)に関西での設立が再び計画され、岡本さらに鴨子ヶ原(住吉)を経て、現在の小林に新校舎建築されたのは大正15年末〜昭和2年初頭のことで、昭和2年4月から小学校、女学校、専修科が小林に開設されました。


この時建てられたのが、小林聖心女子学院本館で、チェコ出身でフランクリン・ロイド・ライトのもとで学んだアントン・レイモンド(1888-1976)の建築です。

その後、昭和初期に食堂(現在は撤去)を、また戦後も校舎や体育館、そして竹腰建造による聖堂などが増築されました。けれども小林移転当初の本館部分は現在は当初の姿に復元されており、重要文化財に指定されています。

現在の聖堂は前述のように竹腰建造(1888-1981)による設計
モダンなスタイルです。
竹腰は住友営繕部出身で、住友ビルディングや大阪証券取引所の設計者としても知られています。


e0268888_22571334.jpg



http://www.sousei-sekkei.co.jp/profile/tprofile.html
http://www.sumitomo.gr.jp/magazine/feature03/index.html

けれども、遠藤周作の母上が受礼した聖堂はこの聖堂ではありませんでした。
この新しい聖堂の竣工は1965年であり、
それ以前は現在の本館内、講堂となっている場所が聖堂でした。

建築時に近い状態の航空写真を見てみましょう。

e0268888_22553138.jpg



メインの建物がレイモンドが建てた本館です。手前中央が玄関、右手に小さなグラウンドがあります。そのグラウンドにせりだす形で本館部分の右手にある二階建ての建物が食堂です。
そして、本館の左手前に見えているのが旧講堂。建物の左が聖堂で、聖堂に隣接した向こう側の建物の中央より聖堂よりが修道院でした。
現在の小学校・高校、そしてかつて小学校新築以前に小学校として使われていた建物、新体育館などはこの写真にはありません。

建物の左手にあった聖堂内部の写真は、同校の50年誌にでていました。

e0268888_22555654.jpg


e0268888_2256819.jpg


現在とは事なり木を基調としています。レイモンドの建物自体はデスティルという近代モダニズムを代表する建築様式ですが、内部は竹腰よりはクラシックといえます。

聖堂が新しく建築されたのにあわせて、内部の装飾はとりはらわれ、現在では講堂として使われています。

e0268888_2258316.jpg

[PR]
by shukugawans | 2012-04-09 01:08 | 西宮のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://shukugawan.exblog.jp/tb/17723555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お寿司@博多阪急 桜がさきました >>